ブランド品

Image by Alex Holyoake

Image by David Lezcano

Image by GREG KANTRA

Image by Laura Chouette

Image by Julien Tondu

Image by Thorn Yang

​ブランド品も、貴金属と同じで、相場は決まっている

ブランド品でまず、思いつくのは、「ヴィトン」「シャネル」「グッチ」「フェンディ」

「プラダ」「カルティエ」「ティファニー」「セリーヌ」「ルブタン」などではないでしょうか?

これらのブランド品は、貴金属と同じで、ある程度相場が決まっているため、

査定額を出しやすい商品カテゴリになります。

つまり、査定額に影響する主なポイントは、

状態はどうか?

付属品(箱や保証書など)はあるか?

人気がある型かどうか?

の3点です。

どんな状態でも値段をつけることができる

使用しなくなって、かなり長い期間保管していたために、

内側が「べたべたになってしまった」という経験はありませんか?

「壱後」では、修理をして再販可能なギリギリの状態まで、

査定額を出して、買取をしています。

多くの方は、年末やお盆などで大掃除をするときに、

まとめて処分していますが、一度、踏みとどまって「壱後」までお問い合わせください。

​人気の商品であれば、状態がかなり悪くても、思いがけない金額になる場合があります

​ブランド品であれば、なんでも買取ができる

ブランド品といっても、たくさん種類があります。

ブランド品であれば「バッグ」「財布」「洋服」「ハット」「靴」「時計」

「ネックレス」「指輪」「ブレスレット」「香水」「化粧品」「タイピン・カフス」など、

あらゆる商品に値段がつきます

高くなければ、売らないでください

「壱後」では、

「高価買取!」と、宣伝はしません

「◯◯をいくらで買いました!」と、宣伝しません。

​ほどんどの方は、大きな期待をしてしまい、

実際と違って、ガックリしているのを知っているからです。

​その代わり、高くなければ、売らないでください。

© 2020- ICHIGO All rights reserved.