おもちゃ

なんで、昔のおもちゃは高いの?

某テレビの鑑定番組でも、毎回のように登場する、昔のおもちゃ

驚きの鑑定額になる場合があります。

​なんで、こんなに値段がつくのでしょうか?

​残っているモノが少なく、あったとしても、ほとんどが状態が悪い

大きな理由としては、以下の3つがあげられると思います。

①ご家庭で、すでに処分している

②当時は、遊ぶモノとしての感覚のため、箱などがなく、状態が悪い

戦争で、焼けてしまってる

③はともかく、昭和のモノですら、①と②の理由で、ほとんど残っておらず、

​その希少性は日々あがっています

特に、③に部類されるモノは、戦前のおもちゃです。

当時は高価で、手に入れることですら、困難な時代のうえ、

戦争で、焼けてしまっています

 

その時代のモノは、これが?というモノでも、かなり希少性が高いです。

​一度、宝探しの気分でご自宅の倉庫や蔵を探してみても面白いかもしれません。

古くないと値段がつかないの?

そんなことはありません。

今現在、現行で販売されているモノでも、希少性(=生産数が少ない)があるモノは、

何百万〜何千万円で、取引されるモノも存在します。

どれだけの人気(=需要)があるか?

どれだけこの世に存在(=供給)しているか?

​このバランスで、相場が大きく変動します。

© 2020- ICHIGO All rights reserved.