楽器・音響

ギター

Image by Gabrielle Mendez

トランペット

解体クラリネット

ステレオスピーカー

オーディオ機器

​ホコリをかぶっているギター、いつのですか?

ご自宅の倉庫や、押し入れに、昔のギターやクラリネット、トランペット。​

古いモノだし、処分に困るし、"とりあえず"で、保管をしている方が多くいらっしゃいます。

どれだけ古くても、楽器は値段がつきやすい商品になります。

むしろ、古いことによって、ヴィンテージと呼ばれるようになり、

​値段が上がり(プレミアが付いて)、購入価格を上回ることもしばしばあります。

ボロボロになったラジカセやオーディオ機器も、値段がつくモノあり

普通のリサイクルショップでは、ボロボロになったラジカセやオーディオ機器は、

買取どころか、引取りもできないところがあります。

実は、そうしたモノも、値段がつく可能性が大きいです。

​なぜかというと、

昔からのファンが多くいるが、

メーカー生産や保証は、すでにないため、

・壊れたときに、部品取りでも良いから、欲しい

というニーズがあるからです。

​ぜひ、処分される前に、お見せいただければ、いくら値段がつくのか?すぐにわかります

© 2020- ICHIGO All rights reserved.