​お酒

​着物の市場は、需要と共有のバランス

いま現在、着物を着て街を歩く人は、ほとんど見ません

つまり、需要が激減しています。

ひと昔は、冠婚葬祭でも着物を着る文化がありましたが、

近年では、ワンピースやドレスを着られる人が急激に増加しています。

外国の方が、日本に旅行に来て、着られる場合もありますが、

​着物の市場が大きく動くことはなく、需要が激減しているのが現在の状況です。

​高く売るにはどうしたら良いのか

着物の特徴としては、買われるときは、かなりの高額(何十万円〜何百万円もするモノも)ですが、

手放されるときは、その何十分の一、または値段がほとんどつかないモノもあります。

できるだけ、高く売るには、

  • 長さがあるかどうか?(日本人の平均身長が伸びている)

  • 状態は?(シミや汚れがないこと)

  • 素材は?(正絹、綿など)

  • デザインはどのようなモノ?(流行りの色や刺繍の模様など)

  • 作家モノかどうか?(落款があったり、有名な作家が作成したモノ)

の5つの観点から、金額を見積もっていきます。

着物より、帯の方が値段がつきやすい

着物を高く売るには長さが必要ですが、

帯は、基本的に長さが同じため、帯の方が高値がつきやすいです。

その他の条件は、着物と同じになりますが、

  • 未使用かどうか?(締め後があるかどうか?)

​が最終的な決め手になってきます。

他、「帯揚げ」や「帯しめ」などの小物も買取ができます。

切手などの金券

着物

腕時計

ライター

スーパーカブ

万年筆

骨董古美術

アクセサリー

ブランド品

おもちゃ

​楽器・音響

アウトドア

カメラ

お酒

大型機械

>全部みる

© 2020- ICHIGO All rights reserved.