万年筆

最後に、周りの人で、万年筆を使用しているのをみたのはいつ?

万年筆を使っている人って、周りにいたかな?と考えると、

最後に使っている人をみたのを、思い出すのも、難しいと思います。

メールが使用されるようになってから、字を書く機会も減り、

LINEなどのチャットアプリが使用されるようになってから、

メールすら使わなくなった人が多いのではないでしょうか?

小物だから、処分しやすいけど、実は価値がある

万年筆は、小物のため、処分が容易で、ボールペンなどと一緒に、捨てている人が多いです。

​しかし、万年筆のペン先の多くに「金」が使用されている場合が多々あります。

この「金」の箇所自体に重量はあまりない(およそ0.5g前後)のですが、

確実にそこには価値があります

​よく見てみると、メーカー品の場合があり、商品としての価値がある

万年筆の有名なメーカーは、パーカー、セーラー、プラチナム、ウォーターマンなどがあります。

よく見るとわかるのですが、刻印などが小さいため、見落として、そのままインクが切れた

ペンと一緒に処分している人がいます。

かなり古いモノだど、​アンティーク品としての取り扱いになったり、

ペンそのモノの素材が「銀(銀無垢)」で作られているモノもあり、

1本数千円〜数万円以上で取引をされています。

これらには、ほとんどの場合で、小さい刻印があります。

壱後では、1点1点確認して、査定をしていきます。

© 2020- ICHIGO All rights reserved.